アンドラ観光はお買い物目的なら不向き?

andorra ヨーロッパ

 アンドラ公国とは。。。

 スペインとフランスに挟まれた内陸ミニ国家であり、国土面積は468km2であり、日本では金沢市の面積とほぼ等しいそう。ピレネー山脈の中にあり、首都のアンドラ・ラ・ベリャ(Andorra la Vella)は標高1030mです。人口は約8万人くらいで、アンドラ人は35%くらいです。あとは近隣国から移住して来た人です。
 世界遺産のマドリウ・ぺラフィタ・クラロ渓谷のトレッキングは夏のレジャーとして人気であり、冬はスキーやスノボーが盛んです。真夏に行ってもスキーの広告を色々見かけたくらいです。
 経済の中心は観光業で、EUには非加盟だが€ユーロを通貨としています。また、2011年までタックス・ヘイヴン(一定の課税が著しく軽減、ないしは完全に免除される国や地域のことであり、租税回避地とも、低課税地域とも呼ばれる)国家であり、2012年まで消費税は存在しませんでした。
 現在は一般的に4.5%の税がかかりますが、本や新聞→1%、食べ物、飲み物(酒を除く)→1%、美術品や芸術品→2.5%、銀行などでのチャージ→9.5% という感じです。

 では早速アンドラ観光をして行きましょう。

 アンドラのバスターミナルに到着し、宿まではひたすら街の中(途中歩行者天国)を約2km歩いて行きます。バスターミナルからは川の流れに逆らう方向に歩いていけば街へ向かうことになります。

bus station in Andorra
山に囲まれた町でした。この写真の方向で言うと右側、東側が町になります。
bus station in Andorra
町から来るとこちらが正面になります。

ターミナルの中にはアンドラの観光パンフレットや伝掲示板によるバス案内などもあり、とてもわかりやすい印象です。

町中の歩行者天国。

 さてさて、アンドラのことをネットや他人のブログで調べてみると、消費税が低いゆえのお買い物天国的な内容がたくさんあったので、いかがなものかと回ってみましたが、結果。。。東京で買った方が良くない?ってことです。もちろん、スペインやフランスに住んでいて、大量に購入する場合は違うでしょうが、わざわざ日本から訪れて買い物するとなると、荷物になるし、そこまで品物が揃っているようには思えませんでした。むしろその差額だったらバス代でマイナスかもしれませんね。自分はお酒もタバコも、さらには化粧までしませんので、免税店TOP3的なものとは無縁ですのでそのように感じたのかもしれませんが、お買い物目当てで、アンドラ公国を訪れてしまうとガッカリしてしまうかもしれないと言うのが私の印象です。
 もちろんお目当のお店や品物があり、大量購入で超お得〜と言うことはあり得ますが、まぁ、そんな感じです。バルセロナからの往復バス代60€以上をお得に買い物をすることは厳しいんではないかと感じます。
 ちゃっかりNORTH FACEの秋物をゲットしましたがね。ロンT39€、フーディ66€でさらに30%OFFでしたので、約74€。日本円にしてTHE NORTH FACEのロンティとフーディで8800円。ネットとかメルカリとかで買えますよね?笑
 もちろんデザインはかっちょいーものでしたが、バス代や宿泊代を考えると、とりわけ特別にお得と言う訳でも無いのでは。。。あ〜でもこれからの時期に着るのが楽しみでございます。

 あまり他の人ともかぶらないと思われるので、ニンマリ。なんならもっと買っておけば良かったと内心では思っていますよ。しかし、旅の始め、そういう訳にも行きませんでした。

朝方の町中の歩行者天国はガラりんとしていました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました